« 夢 | トップページ | 寿司とマヨネーズ(水月マヨ) »

子どもへのまなざし(佐々木正美)

乳幼児期の育児こそが大切という、児童精神科医の講演録。

この本には、たくさんの『気づき』があります。何度も読んでも、「ああ、そうだよな、その通りだよな」と思わされることがたくさんあります。母親、父親に限らず、乳幼児の保育者に必要な心がまえを、分かりやすくじゅんじゅんと語っています。

『ゆったりとした、やさしい気持ちで子育てをしてほしい。なぜなら、そうしたあなたを見て、子どもは育つのだから』という、お母さんへのメッセージが随所に見られます。育児に悩む全ての人たちに届いて欲しいメッセージです。

また、『子どもの望んだことを、望んだだけ満たしてあげてください。そうすることで、子どもは、人を信頼することができるのです』というお話には、心から納得しました。赤ちゃんは泣くことでしか、空腹や、オムツが濡れたことや、さびしいといった気持ちを伝えることができません。その望みの一つ一つに応えてあげることにより、親を通じて、人に対する信頼を育んでいくことができるというお話は、腑に落ちるだけでなく、親としての自信にもつながりました。

さらに、『子どもに、やさしい人になって欲しいと思う親は、どのようにしてやさしい人になってもらうか、考えたことがありますか?』との問いかけには、ドキっとさせられました。特にオオカミ少女のエピソードを通じたその答えには、あたりまえのことなんだけれど、わかってなかった自分に気づかされました。

『気づき』ってそんなものだと思います。あたりまえすぎて、見逃しているもの。見失っているもの。この本に出会わなければ、今でも気づかないままだったと思うと、なんだか空恐ろしくなってきます。
--

|

« 夢 | トップページ | 寿司とマヨネーズ(水月マヨ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/205179

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもへのまなざし(佐々木正美):

« 夢 | トップページ | 寿司とマヨネーズ(水月マヨ) »