« 萌えるチボー家の人々2 | トップページ | 萌えるチボー家の人々3 »

HIV、AIDSについて書いてみる

 特に、感染経路について。以下のリンク先の資料を読んで考えたことを、書いてみます。専門知識はありません。新聞やネットの情報でもって書いているため、過不足/誤りがあるかもしれない。その場合はご指摘いただくとありがたいです、勉強になるし。

 「先進国」と呼ばれるなかで、HIV感染者、AIDS患者が増加しつづけている国は、唯一、日本だけです。新聞は丹念に読んでいるつもりです。SARS、BSE、トリインフルエンザetc… と紙面を賑わせているのですが、HIV感染者の増加傾向についての警鐘は、残念ながら小さい音量です(私の耳が遠いのならいいのですが)。

 厚生省エイズ動向委員会の報告のうち、2004年1月を見て欲しい。
特に注目して欲しいのが、「国籍別、性別、感染経路別、年齢別、感染地域別報告数(表1)(表2)」の、「異性間の感染経路」です。

 「HIV感染は、同性愛の男性や薬物注射の濫用がほとんど…」とどこかで刷りこまれた私の脳には、上の感染経路は衝撃でした。しかも全体の6割を占めるのは20代から30代の若年層であり、20代未満に3名…

もちろん、輸血などに伴う感染もあるため、一概にくくれないけれど…

 データは少し古くなりますが、平成14年度エイズ発生動向年報にある、表4HIV感染者及びAIDS患者の国籍別、感染経路別年次推移(1985~2002)[MS-Excelファイル注意]を一部加工したグラフを作成しました。加工した内容:数的に少ない感染経路「母子感染」、「その他」、「不明」を省き、さらに男女別の人数を合計してあります。

hiv_aids.gif
*1 両性間性的接触を含む。

これを見る限り、感染経路として「異性間の性的接触」がかなりのびていることが分かります… また、ソースはないけれど、クラジミアやヘルペスなどのSTDが増加していることを聞きます。STDにより炎症を起こしたため、感染力が比較的弱いとされるHIVが感染(うつ)りやすくなっているのではないかと。

…っつーか藻前ら、ちゃんとゴムしる!!
アソコはきれいに洗っておけ!!
中田氏すんな!!
↑オサーンくさいなぁ…
言葉を代えると、
     ・感染者の若年齢化が進んでいる
     ・異性との性的接触による感染率が高まっている
 月並みだけれども「性交可能な年齢になる以前から、きちんと性教育を行うことで、予防可能だ」ということが言いたいのです。ドラッグや肛門性交を行う人々に向かって、「針のリユーズは止めろ」とか「グリセリンは多めに!!」といったところでムダでしょう。

 ヘテロセクシュアルな行動とか、コンドームの使い方なら、充分にアドバイスできます。小学生に濃密な(少なくとも自分がそうであったよりは密な)性教育を施すことへは、かなりの反発が予想されます…しかし、我が子が生涯をかけてHIV感染と付き合う可能性よりかは、我が子のVirgin喪失が自分よりも若干早めだった結果のほうが、受け入れやすいでしょう。

 学校での性教育に期待する親がいます。でも、間違っていると思います。HIV感染の観点からすると、予防的な性教育は、文字通り「我が身を守る」ことそのものです。我が子の安全を世界で一番案じているのは、きっと、あなたでショ。センセイじゃ、ないでショ。

 かくいう私もえらそうにいえません。結婚前はコソーリとHIV抗体検査受けましたもん… 結果は大丈夫でしたが、チョトドキドキしたのは事実。

 繰り返しますが、SARS、BSE、トリインフルエンザの話題も重要かもしれません。しかし、HIV、AIDSについては緊急の問題だと思います。私のアンテナが貧弱ならいいんですが、どうもこの話題が「ちいさめ」に扱われているような気がするので、書かせていただきました。

コンドーミング宣言

ヒトゴトじゃねーべ > safe sex

…と書いてきて、「感染経路のもう一つの側面」を忘れてました > ユーラシア大陸経由
怪しくなってくるのと、危ない話になるので、ここで退散します。書き逃げ?
--
2004.3.1 以下を追記。
つらつら書いていたら、同じトリガーで書いている方を見つけたのでtrackbackしてみたりして。
敬天愛人格物致知さんの「 AIDSはすぐそこに」より

 ところが、そのコンドーム国内出荷量も1990年をピークに、今は減少しつつある。日本が高齢化社会を迎えてセックスレスになってきたとか、低用量ピルの普及だからだとは思えない。

かなり鋭いです。はげしく同意。…で白状すると、私の記事のネタ元は月刊誌「選択」の2月号です。かなりセンセーショナルに書いてて、訝しんで調べ始めたのがキッカケ。

Fozyさんの性病・妊娠防止「ゴム。ゼッタイ。」から引用します。

 避妊のことも性感染症のことも知らなさすぎなんだよ。だったら細かいこと言わずに、ゴムは絶対だと刷り込んでおけばいい。

ここだけ引用するのは乱暴かもしれないけれど、その通りだと思います。そして、学校なんぞに任せずに。その子のことを一番考えている「はず」の親がキチンと教えるべき。

Ver.82さんの「セサミストリートにエイズ感染者役が登場」より引用。

 南アフリカ版のセサミストリートに、HIVウィルスに感染している五歳の孤児「カミ」というマペットが仲間入りした。彼女は養母と生活しているという設定だ。カミという名前の由来はツワナ語(ボツワナ共和国の母国語)で”受け入れること”と訳され、「エイズ感染者や患者が持つ苦痛を和らげ、(社会が)彼らを受け入れられる」のを願って付けられた。

HIV感染者は、日本社会から隠蔽されているように「見える」。増加傾向がこのまま続くようなら、「感染者とどのように接するのがよいか?」を啓蒙するような「番組」が出てくるに違いない。
…あるいは、カミングアウトしたタレントとか(既にいるけどね)

ついでに「コンドーム」のトリビアも見つけたので引用してみたりして。
naoさんの「こんどうむ・・・。」より
    「コンドームってAIDSが見つかったから作ったんでしょ?」
    え?
    「違うよ、避妊のためだよ。“今度産む”からコンドーム。」
    えええっ?
    コンドームって日本語だったの?
あ、ネタだからね~
--

|

« 萌えるチボー家の人々2 | トップページ | 萌えるチボー家の人々3 »

コメント

Dainさん、こんにちは。
私も以前、自分のblogでオサーンくさいことを書いたことがあります。でも、世間一般的にちょっと性病予防について感心が薄すぎる気がしますね。

投稿: Fozy | 2004.03.01 02:46

Fozyさん、コメントありがとうございます。
表に現れている数字は、ほんの一部だと思います。ひょっとしてもう手遅れなんだけど、大々的に発表するとパニックになるので控えている… なんてダークな想像をしたりしてます(妄想ならいいんですけど…)。

投稿: Dain | 2004.03.01 09:42

発症まで10年かかるせいで、感染してても一切気付かずにHIVを撒き散らしてる可能性が一番怖いですね。実際そうだと思うんですけど。腹立ちますけど、エイズってよくできたウイルスだと思います。性交渉にうるさい某国が開発した兵器なんじゃないかと私もダークな想像をしてみたり(^^;

投稿: Fozy | 2004.03.01 10:44

> 某国が開発した兵器なんじゃないかと

Fozyさんだけじゃなさそうです…

「エイズ=生物兵器説」の真相
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/aids_genocide1.html

仕組まれた恐怖―エイズは生物兵器だった!?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062031043/250-7134266-5907433

投稿: Dain | 2004.03.01 12:59

;ko;kl

投稿: | 2004.11.10 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HIV、AIDSについて書いてみる:

« 萌えるチボー家の人々2 | トップページ | 萌えるチボー家の人々3 »